吉野敏明 Official site
参政党 HP へ 参政党 HP へ

参議院 全国比例区第2支部長

吉野 敏明

Toshiaki Yoshino

日本の政治に
鋭いメスを入れる

私たちは今、いくつもの困難に直面しています。

しかし、今の日本の政治では、困難を乗り越えることができません。

今こそ日本の政治を変え、国民の皆さんと共に、未来を作っていく必要があります。

どのようにしてこれからの日本を皆さんと作っていくか。

私のメッセージをご覧ください。

基本政策

増加する医療費にストップを

社会保障費に使われる税金は、毎年約40兆円(一般会計)となっており、

国の予算に占める割合が一番高くなっています。

医療費はその中でも約3割を占めています。

現在、医療費を含む社会保障費は毎年約8,000億円ずつ増大し、財政を大きく圧迫しています。

これでは教育費や建設費、防衛費といった未来のための投資にお金を回せません。

しかもそのお金は、海外の医薬品業界に流れています。

対症療法のみに医療費は使われ、予防は一切保険給付の対象になっていないことが大きな原因です。

私はここにメスを入れます。


医療資源の適正な配分で国民の命と健康を守り抜く

医療資源の適正な配分で
国民の命と健康を守り抜く

新型コロナウイルスSARS-COV-2が発生して2年が経過しました。

現在も感染症対策は続いており、私たちは日々不安な毎日を送っています。

しかし、病気は新型コロナウイルスだけではありません。

そもそも日本人の死亡原因の第1位は癌です。毎年約40万人が、癌により命を落としています。

癌以外にも、心疾患や糖尿病といった生活習慣病があり、自殺も先進国では日本が一番多いです。

これらの病気や死亡原因に対処していく必要があります。

今の医療現場では、新型コロナウイルス対策ばかりに医療資源が使われています。

コロナで死亡する人も、自殺する人も、癌で死ぬ人も減らさなければなりません。

現在、年間1,000人強の死亡者のために数十兆円が使われ、

癌で死亡する40万人の予防には、ほとんどお金が使われていません。

医療資源の配分を見直し、国民の命と健康を守り抜きます。


健康寿命を延ばして、国民の本当の健康を取り戻す

健康寿命を延ばして、
国民の本当の健康を取り戻す

日本人の平均寿命は世界一です。

しかし、自立した生活を送れる期間、いわゆる健康寿命との乖離が約10年間あります。

これは支援や介護を必要とする期間が約10年間あるということです。

長い人生を、最後まで元気に過ごすためには、健康寿命を延ばすことが重要です。

そのためには、現在の検査と薬を中心とした医療から脱却し、予防医療へとシフトする必要があります。

私は、日本人が昔から大切にしてきた伝統医療に注目し、

正しい医療を行うことで、国民の本当の健康を取り戻します。

NEW

活動レポート一覧を見る 活動レポート一覧を見る

吉野 敏明(よしの としあき)

医療法人社団 誠敬会会長
誠敬会クリニック銀座 院長
歯科医師・歯学博士・歯周病専門医・指導医
環太平洋臨床レーザー医学会理事長