吉野敏明 Official site
参政党 HP へ 参政党 HP へ

REPORT

『年齢引き下げ』で成人になったアナタは「選挙で誰に投票する?」​

こんにちは、『よしりん』こと 吉野 敏明(参政党 共同代表)です。​



令和4年4月1日から『成人』が20歳から18歳に引き下げられました。​

この日を境に18歳は『未成年』ではなくなったわけです。​


これからは、携帯電話を契約する、部屋を借りる、クレジットカードをつくる、ローンを組むなんていうことが、親の同意なくできるようになります。​

選挙権、つまり投票する権利もあなたはもっています。​
平成28年に18歳から与えられるようになった大切な権利です。​


ですが、学校は今ある政党についてなにも教えてくれません。​
周りの大人も、政治の話などしてくれません。​

これでは適当に投票したり、選挙に行かなかったりしてしまうのも仕方がない。​


ですが、『成年年齢引き下げ』をきっかけに大人の自覚が芽生えたあなたには、ちゃんと考えて投票できるようになって欲しい。​

われわれ参政党を応援してもらわなくてもいい。​

日本のためにと判断して投票する人が増えてほしいのです。​

「選挙があったら、どんな政治家に投票したらいいんだろう?」​

そんなモヤモヤを晴らすための話をこれからお伝えしましょう。​



■『政治』はあなたの人生を変える​


あなたは政治を特別なものだと思っていませんか?​

とんでもない。政治はあなたの生活から切っても切り離せません。​


例えば、消費税…​

政治で決められています。​

平成元年に3%になったと思ったら、5%、8%、10%とどんどん上がっていく。​
1万円の買い物をしたら、今は1000円も余分に支払わなければいけません。​


今回の新型コロナウィルスの対策を決めたのも政治。​

良い悪いは別にして、大切な学生生活がものすごい影響を受けた。​
イベントはすべて中止、友達や恋人と気軽に出かけることもできない。​

失われた青春は返ってきません。​


そして、あなたの将来の給料。​

今、大卒の初任給は20万円。​
日本では20年前からこの金額なのに、アメリカは45万円、スイスにいたっては70万円。​

これも政治の結果です。​


あなたの人生も痛いほど政治に左右されてきたでしょう?​

政治をする議員を選ぶのが選挙であって、あなたの投票であるわけです。​



■どの政党にもヒーローはいなかった…​


政党には、自民党、公明党、立憲民主党、その他にもたくさんあります。​

これらの政党がなんの目的でどういう経緯でつくられたのか?​

それがわからないから、目先の利益だとか、有名だからとか、格好良いからとかで投票してしまうわけです。​


なので手始めに、政治の中心にいる自民党について学んでいきましょう。​

さかのぼること第二次世界大戦、負けた日本には戦勝国からGHQという組織が送り込まれました。​

そのとき、ご先祖様たちが一生懸命つむいできた国の姿がことごとく変えられてしまった。​

国の基本である憲法、教育の方針である教育基本法が変えられた。​
志ある有能な人格者たちは地位を追われ、アメリカが儲けるために小麦や牛乳を給食にされた。​
「日本人が悪かったんだ」と洗脳までされました。

「これではダメだ!」​
「日本人による日本人のための政治ができるようにしなくては!」​

そうしてできたのが自民党。​

なんとか日本を元に戻そうとしたのです。​

しかし、20年経ち30年経つと利権がはびこってしまった。​
自分たちを支持してくれる団体、その利益になることばかりするようになった。​
しかもこの利権が、外国人や無国籍の大企業の手へうつっていったのです。​

日本のお金が外国に流れ出ていく。​

「何かがおかしい」​

国民は総理大臣を変えてみました。​
変えても変えても良くならない。​

「しょうがない、政党を思い切って変えてみよう」​

そして民主党政権ができました。​
もっと悪くなってしまった。​

「やはり自民党だ」​

安倍政権、みんな期待しました。​
結果はというと、もっと”奪われてしまった”。​


そして今。​

日本を取り戻してくれるヒーローを求めてきたけど、そんな人は出てこなかった。​

「もう誰かを頼りにするのはやめよう」​
「自分たちでするんだ!」​

そうしてつくったのが『参政党』です。​


だから、参政党では「こんなことをして下さい。応援しています」と言われてもやりません。​
それが政治をくるわせる利権の構造そのものだからです。​

「一票あげるからやって」と求めるのと同じ。​
「政治家になりたいからやる」と応じるのと同じなわけです。​


政治は日本のため、子どもたちのためにしなくてはいけない。​

そう思いませんか?​

■「誰に投票したら良い?」見極める力をつける方法​


政治家を選ぶには、世の中のことを学ばなければ判断できません。​


しかし勉強しようにも、学校もマスコミも「日本人が悪かったんだ」という呪縛からいまだに解かれていない。​
メディアだってスポンサーに都合の良い情報しか発信できない。​

つまり、正しい情報は入ってこないのです。​
偏った一方的な情報ばかりが流れているのです。​

最近はYoutubeでも、特定の情報が消されるようになってしまいました。​


だから、われわれ『参政党』はメディアが伝えてくれない情報を発信しつづけています。​

世の中のこと、日本のことを歴史をふまえて伝えています。​

正しい情報から学べば、「誰に投票したら良いか?」判断できるようになれるはず。​


「無料化するから応援して下さい」​
そんな政治家に騙されてはいけません。​

あなたたち若い世代が、今までそうやってきたツケを払わされているのですから。​

本当に国民のためになる政治、子どもたちのためになる政治にしていきませんか?​

あなたが学ぶことがその一歩になるのです。​



日本を良くする政治家を見極められるようになりたいあなたはコチラ:​
参政党はメディアが流せない正しい情報を発信しています

https://www.sanseito.jp/participation/​