吉野敏明 Official site
参政党 HP へ 参政党 HP へ

REPORT

【食品 値上げ】 家計負担より怖い『食料不足』 ~日本がとるべき対策とは?~​

こんにちは、『よしりん』こと​

吉野 敏明(参政党 共同代表)です。​


食品が値上げされはじめました。​

家計に大打撃です。​


とはいえ「企業がけしからん!」と言うのは違います。​

原料などはもっと高騰していて、​
その一部を値段に反映させたに過ぎないのです。​

ウクライナとロシアの戦争、​
ロシアへの経済制裁、原油価格の上昇…​
原因は世界規模です。​


懸念されるのは家計への負担増だけではありません。​
事態はもっと深刻なのです。​

じつは、​

食料が足りなくなる、お金があっても食品が買えない、​

そんな危険があるのです。​



■飽食の日本で食料不足に!?​


日本の食料は半分以上を​
外国からの輸入に頼っています。​

食料自給率、つまり​
日本が自分でつくっている割合は37%。​

こんな国は日本だけです。​

なにかあって外国から輸入できなくなったら、​
37%しか食料がまかなえない。​

これではわれわれは餓死してしまいます。​


もっと言えば、化学肥料、​
ビニールハウスのビニールや暖房の燃料、​
種、牛や豚や鶏のエサ、鶏のヒナ、すべて輸入。​

これらすべて含めたら​

食料自給率は0%かもしれません。​


5月13日には、インドが小麦の輸出を停止しました。​
(インド、小麦輸出を即時停止-国内の食糧安全保障を優先https://news.yahoo.co.jp/articles/3a3cb3078cd3111dee9883216c9945d1708e3ca2)​


輸入できず食料不足になる、​

ここ日本では現実にありえることなのです。​

■崩壊寸前!追いつめられた日本の農業​


日本は数万年ずっと​
輸入も輸出もせずに上手くいっていました。​

もちろん種も肥料も、​
すべて自分たちでまかなっていました。​


なのに何故こんなことになってしまったのでしょう?​


それは敗戦したからです。​


6年8ヶ月もの間、GHQに占領され、​
『食糧管理法』を悪用された。​

もともとは国民に食料が行き渡るようにする​
ための法律だったのに、​

「米はつくらなくていい」​
「減反すれば補助金をだしてやる」​
「小麦を輸入しろ」​

と変えられてしまった。​


『農地改革』もやられた。​

地主がもっていた広大な農地を、​
小作人に細かく分けてしまった。​

そこに”平等”の名の下、​
長男だけに相続していた農地を​
兄弟で分割するようにされ、​
3代相続すると農地が4畳半しかない​
みたいになったのです。​

「これでは農業なんかできない」​

といって、みんな田畑を手放し​
兼業農家どころかサラリーマンになったわけです。​


こうして法律でやりたい放題やられた上に、​
「小麦を食べろ!」と大キャンペーン。​

「米を食うとバカになる」​
「小麦を食べて牛乳を飲めば​
アメリカ人みたいに背が高くなって強くなる」​

と栄養指導に巡回し、​
小麦中心でなんでもかんでも油で炒める​
食生活にされてしまった。​

さらに、給食はパンになり、脱脂粉乳を飲まされた。​

その結果、小麦粉、大豆油、​
乳牛のエサであるトウモロコシ粉を​
大量に買わされるようになってしまった。​

日本人のためではなく、アメリカが売りたかっただけ。​


こうして農家は希望がもてなくなり、​
今となっては平均年齢75歳、米農家にいたっては80歳。​
この人たちが10年後もつづけていて「平均年齢90歳」​
というわけにはいかないわけです。​

つまり、あと4~5年したら​

完全に崩壊してしまうのです。​


日本が数万年ずっとやってきたことが​
ズタズタにされました。​

「国を乗っ取るには食を乗っ取る」​

これは占領支配の基本なのです。


​■家計苦・食料不足対策「お米を食べよう」​


われわれは一体どうしたらいいのでしょう?​


お米を食べることです。​


お米は1粒からなんと​
500粒とか1000粒とかができるのです。​
5粒6粒でお茶碗1杯分ができる。​
この効率の良さというのは凄い。​


そして栄養価も非常に高い。​

玄米の周りの部分には良質なアミノ酸が、​
中心の胚にはビタミンBを中心に​
色々なミネラルが含まれている。​

人間が補充しないといけない必須アミノ酸、​
タンパク質の材料が全部入っているのです。​
ビタミン類もほとんど入っています。​

化学肥料や農薬をつかわない​
健全な土壌で育てると、​
ミネラルが約50倍になると言われます。​

玄米だけ食べれば生きていける​
くらい栄養が豊富なのです。​


それに比べて小麦は、​
タンパク質が摂れないし、​
必須アミノ酸の構成比が悪くて足りない。​

血糖値が上がりやすいし、​
グルテンという免疫撹乱物質も含まれている。​


つまり、日本人にとっては病気の原因になるわけです。​

実際、わたしのクリニックでは、​
小麦を半年やめると病気が治る人がたくさんいます。​

頭痛が治る、花粉症が治る、クローン病が治る、​

そんな人ばっかりです。​

「お米を食べなさい」と言うと、​
「え、パンの方が好きなんですけど」とか​
「パン屋さんが潰れても良いんですか?」と言われます。​

米粉でパンもケーキもつくればいいじゃないですか。​
もっと色んな食品も開発すればいい。​
米粉用の品種もあります。​
品種だっていろいろ開発すればいい。​


逆になぜ小麦を食べることに執着するんですか?​


これは国を守る、日本人を守る、子どもたちを守る、​

そういう話なのです。​


お米をもっとつくれるようにして、​
農業を復権させるのです。​

そうすれば、農業をしたい若い人も増える。​
休耕田だらけになった土地が生かされ​
国土だって保全できる。​
米が余るほどつくれれば輸出だってできる。​

世界的な事情で食品が値上がりしても関係ない。​


日本を取り戻すために、お米を食べるのです。​



『食』が政治と関係あると気づいたあなたはコチラ:​
参政党は『食と健康』を重点政策に掲げ実践していますhttps://www.sanseito.jp/news/3451/​